コメント周りは効果ない?効率的なやり方をアドバイスします!

ブログを開設すると、
開設したブログを
読んでもらうために
集客しないとですね!

 

そのための手段の一つ
として、コメント周りが
あるけれど。。。
でもけっこうコメント周りは
時間がかかるんですよね。。。

 

本気でコメント周りすれば、
1日がかりに。

 

そして、
コメント周りが
苦手な方もいて。

 

何を書いたら良いか
わかんないとか。

 

どこにコメント周り
行ったら良いか

わかんないとか。

 

ということで、

 

コメント周りについての
所感を記載!

 

コメント周りは効果ない?

コメント周りは効果がないのか?

というと、

そうでもないというのが答え。

 

∠(`・ω・´)

 

コメント周りはやらないよりは
やったほうが良いですよ。

 

コメント周りの大きなメリットとして、
アフィリエイト仲間を
作ることができる。

 

お互いに直したほうが良いところ
を指摘し合うこともできますし、
読者のリピーターになってくれたり。

 

また、
SEO的な話をすると、
他の人のブログに
自分のブログの
URLを貼ることで、
外部リンクを貼ることに。

 

外部リンクが多いほど、
GoogleやYahooなどの
検索エンジンからの評価が
グーンとあがる。

 

テクニック的な面でも
コメント周りは
意味があるんですよ。

 

なので、
コメント周りをやらないよりは
やったほうが良い。

 

コメント周りの効率的なやり方

そもそも、
コメント周りは
何のためにするの?

 

「自分のブログを
読んでもらうため」

 

じゃないですか??

 

コメント周りで
自分のブログの
リンクを貼らせてもらって、

「私のも読んでみてね♫」

ってするわけですよ。

 

コメント周りは効果ない

 

👆違うか(笑)

 

👇インターネット上で
営業しに行くような
感じかな♫
こんな感じかな。

 

そして、

なんで自分のブログを
読んでもらいたいの?

 

というと。。。

 

自分のブログから
収益を出したいから

 

じゃないですかね??

 

コメント周りは効果ない

 

そしたら、

 

コメント周りは二の次で、
自分のブログに
来てもらったときのための
準備に時間をかけることが
第一優先になりますよね♫

 

コメント周りは効果ない

 

「ブログから収益を出すこと」

 

「ブログの収益を上げること」

 

これが本来の目的のはずなので、
コメント周りに時間がかかるなら、
そこまで注力しなくてもいいと
いう考え。

 

人に見に来てもらいたいなら、
1ヶ月に1回だけ、
営業活動に行く!という
スケジュールを立てては
どうでしょう?

 

コメント周りの際のアドバイス

人が集まるところに
コメント周りに行ったら
効果が絶大。

コメント周りは効果ない

 

つまり、

ランキング上位で
「コメントが集まっているところ」
にコメントするのが1番。

 

私はそうなんですが、
他の人のコメントも
一緒に読みませんか??
そして、
コメントしている人は
どんなこと書いているのかな?
と見に行ってみたくなる。

 

つまり・・・

 

コメントした相手以外からも
集客が見込めるということ。

 

コメント周りは効果ない

 

 

コメント周りが恥ずかしい・・・

ブログを始めたばかりに人や、
人が苦手だな・・・
という人は、
コメント周りが恐れ多いというのは
ある話。

 

私の場合は、
コメント周りに行く前に
来てくれたことも幸いし、
色んなブログへ
遊びに行くようになりましたけどね。

(*´ω`*)

 

そういう場合は、
コメントのあるブログにだけ
コメントしてみたらどうでしょ?

 

挨拶して、
「ありがとうございました。
参考になりました!」と
お礼を言うだけでも。

 

コメント周りは効果ない

 

コメントが記載してあると、
コメントしやすくありません?

 

集団心理といいますか、
社会集団の生き物なので、

「まわりがやってるから」

というのに、
人は弱いんですよね。

 

他にコメントしてる人
いないけど、
コメントしたい!
というなら、

コメントしてもいいですよ。

 

コメント周りは
自由ですからね!

👆マナーの範囲でですよ?

 

コメントしたのに返事くれないんだけど・・・

リアルでも
挨拶返してくれない人って
いるでしょ??(笑)

 

リアルでもいるんだから、
ブログでも当然いますよ。(笑)

 

なので、

 

気にしない!

 

コメントのやり取りも
「コミュニケーション」なので、
やり取りし合える人に出会えたら、
それが「仲間」との
出会いかもしれませんよ?

 

自分が不快に感じることは
絶対に相手にしないようにすること!

 

自分がそうならないように
気をつければいいだけのこと♫

 

KSKのAffiliate-Navi
お名前*
メールアドレス*

コメントを残す

このページの先頭へ