沖縄を観光するならここ!是非行ってほしいおすすめスポット!



スポンサードリンク


Pocket
LINEで送る

沖縄を観光するなら
ここに行かなきゃ!

 

管理人が実際に足を運んだ
沖縄県のおすすめスポットを紹介。

 

国内旅行で沖縄県に行く際は
参考にしてください。

 

おすすめスポットが増える度に
更新していく予定。

那覇市にある首里城

首里城

沖縄の観光スポットで
定番な首里城。

 

沖縄が琉球王国だった頃の
栄華を極めたお城。

 

首里城

世界遺産に登録されている
御獄石門。

首里城は太平洋戦争で
かなり破壊されたらしく、
90%は復刻させたものだとか。

首里城での記念写真スポット

首里城

写真撮影スポットがたくさんあって、
そして、周りの人もやっぱり同じように
記念撮影しているので順番待ちが基本。

 

海外からの観光客が多く、
日本語を耳にする事があまりない。

首里城

 

首里城本殿のイベントスケジュールに注意

首里城

首里城本殿でイベントをやっている場合があり、
その時は本殿に入れない。

 

首里城の本殿へ入りたい場合は
首里城のイベントスケジュールを
確認してから行くようにしましょう。

国頭郡の美ら海水族館

美ら海水族館はさすが沖縄の海だけあって、
とても美しく、大きな水族館。

美ら海水族館

敷地全体がとても広く、
美ら海水族館から
眺める海の景色が何とも言えない。

海の生物の種類が豊富

美ら海水族館

美ら海水族館の海の生物は豊富で、
さすが沖縄だけあって熱帯魚がおおい。

 

海の生物の演出が最高で
ウミガメだけの水槽もある。

 

そして、癒やしの海の生物といえばクラゲ。

美ら海水族館

是非、自分の目で見て、
美ら海水族館の海の生物の
美しさを体験してほしい。

海の生物を見ながら食事ができる

美ら海水族館

美ら海水族館は海の生物を見ながら食事ができる
レストランがある。

 

しかし、かなり混雑しているので
落ち着いてランチをに楽しむことはできず、
並ぶ必要もある。

記念写真撮影スポットが豊富

美ら海水族館

美ら海水族館は広いので、
写真撮影スポットが豊富にある。

美ら海水族館のチケットは水族館で買うべからず

美ら海水族館の入場券は
大人一人あたり1,850円。

 

しかし、割引券が美ら海水族館周辺のお店、
コンビニでもを売っている。

 

なので、美ら海水族館の入場券は
周辺のお店で購入することをおすすめ。

 

それ以外にも、16時以降は
4時からチケットと言って、
大人一人あたり1,290円になる。

 

16時以降の入場のほうが
大変お得。

 

今帰仁村の古宇利島

沖縄にアダムとイブの島と言われる
恋の島、古宇利島という島がある。

 

オーシャンタワーから眺める景色は
とても美しく、まさに沖縄のハワイ!

 

美ら海水族館から車で15分ほどで到着するので、
美ら海水族館とセットでプランを組むのがおすすめ。

古宇利島のタワーシェルミュージアムカート

オーシャンタワーは
専用のカートでの入園料は
一人あたり800円。

 

カートを使っての入園は景色もよく、
色んなアングルから撮影できるので
おすすめ。

オーシャンタワー

 

カートから撮影した写真がこちら。
奥に広がるブルーの海、
まさに南国にいるという風景。

オーシャンタワー

タワーシェルミュージアムカートの
ゴールでは、オーシャンタワーの
スタッフさんが記念写真を撮影してくれる。

 

無料版と1,300円版があって、
無料版は1,300円版の縮小タイプ。

古宇利島のオーシャンタワー

オーシャンタワーから撮影した
風景がこちら。

オーシャンタワー

ガラスを通して撮影していますけど、
オーシャンタワー展望台から
幸せの鐘に登る階段がある。

オーシャンタワー

 

鐘は自由に鳴らすことができる。

幸せの鐘は自由に鳴らすことができるが、
1組ずつという決まりがある。

オーシャンタワーのシェルミュージアム

オーシャンタワー

オーシャンタワーのシェルミュージアムには
貝殻を使ったアクセサリーがたくさん。

記念にシェルアクセサリを
購入するのもあり。

オーシャンタワーのジェラートショップ

オーシャンタワー

オーシャンタワーのジェラートショップには
「古宇利パンプキン」「今帰仁スイカ」「伊江島 紅芋」など
沖縄ならではのジェラートが食べられる。

豊見城市の瀬長島ウミカジテラス

瀬長島ウミカジテラス

那覇空港から車で15分ほど
西に向かって進むと、
瀬長島ウミカジテラスという商業施設がある。

 

瀬長島ウミカジテラスは2015年8月に
オープンした商業施設で発展中の商業施設。

瀬長島ウミカジテラス

ウミカジテラスは軽食向け

瀬長島ウミカジテラス

ウミカジテラスはショッピングモールのような
商業施設ではなく、軽食をとったり、
スイーツを食べたりするのに良いところ。

 

お祭りの時の出店が複数集まった場所
といういうとわかりやすいかもしれない。

 

ショッピング向けというよりも、
食べ歩き向けな場所。

 

売っているものと行ったら、
シャツやサングラスなど、
海水浴というか、海で遊ぶためと言うか、
海に似合うなぁという商品や、三味線。

 

三味線は30分1000円で
体験コースとして三味線を
弾かせてもらえる。

ウミカジテラスの注意点

瀬長島ウミカジテラス

ウミカジテラスは新しい商業施設なので、
色んな人がやってくる。

 

写真に写っている車はすべて
駐車場に車を停めることができなくて、
みんなで路駐している写真。

 

瀬長島ウミカジテラス

海岸沿いに沿って、
みんなで仲良く路駐。

 

ウミカジテラスの駐車場は、
1台あたりのスペースが狭い。

 

軽自動車だったら問題ないが、
セダンタイプ、そこそこ大きな車なら、
路駐したほうが安全といえば安全。



スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

リンク




カスタム検索

スポンサードリンク




このページの先頭へ