香りで相手の気持ちが変わる!?デートに使うおすすめの香水とは!?



スポンサードリンク


Pocket
LINEで送る

香水が好きな人、
嫌いな人って別れますけど、

「香り」というのは
とても影響力のあるもの!

 

自分から漂う「香り」によって
デートの成功可否が変わってくる
可能性があることは否定できない。

 

今回は、デートの際に気をつけたほうが良い
「香り」についてのお話です♪

(*´ω`*)

香りで相手の気持ちが変わる!?

香りによって人の感情や行動って
変わってくるんですよ♪

香りによる芳香療法で
アロマセラピーと言うものがありますよね?

 

芳香、香料を使って、
心身の健康やリラクセーション、
ストレスの解消などを行うセラピーです。

 

療法にもなっているくらい、
香りが人に与える影響って大きい。

 

香りによって相手に与える
印象とか気持ちって変わるから、
香りってあなどれないんですよ!

デートに使うおすすめの香水とは!?

香水の香りにも様々な種類があり、
香料の組み合わせによって様々な香りになる♪

 

メジャーなタイプとしては👎の4つ。

ローズ、ラベンダー、ジャスミン、ゼラニウムなど
花の香がするフローラル系、

レモンやグレープフルーツ、ライム、マンダリンなどの
香りがする柑橘系。

木々や香木、森林を思わせるウッディ系。

スパイシーかつ重めの甘さが特徴の香りがする
オリエンタル系。

香りの特徴をまとめると👎の通り♪

フローラル系 ちょっと甘めの爽やかな印象
柑橘系 スッキリ爽やか、明るい印象
ウッディ系 落ち着いた印象
オリエンタル系  セクシーな印象

 

相手に持ってほしい印象に合わせて、
香りのタイプを選ぶといいでしょう♪

香水の付け方に注意!?

香水の付け方にも注意が必要!

というのも、香りがきつすぎると
良い香りでも相手に不快な気分を
与えかねないんですよ。

 

良い香りもきつすぎると「臭い(゜o゜;」
変わってしまうことに注意しましょう!

 

人間の鼻は匂いに慣れてしまうので、
「香水つけてるのに香りがしないな・・・」と、

自分が思うくらいが実は一番ちょうどよい!

 

「よしっ!ちゃんと香水の香りがする!」と
自分でもわかってしまうのは、
相手や周りからすると「香水臭い」
なってしまうので注意!^^;

 

良い香りというのは、
ほのかに漂う程度が一番いい
ということを忘れないように♪

香水の種類によって付ける量が違う!?

一般的に「香水」と呼ばれているものでも、
香料の濃度によって呼び方が変わるんです♪

香水の呼び方は👎の表の通り♪

パルファム 香料濃度が15%〜20%程度
オードパルファム 香料濃度が10%〜15%程度
オードトワレ 香料濃度が5%〜10%程度
オーデコロン 香料濃度が2%〜5%程度

ひっくるめて香水と呼ばれているけど、
パルファムが狭い意味での「香水」
を指します♪

同じ1プッシュでも、
香りの強さと持続時間種類によって違うということ!

 

香りがキツイと逆に相手に不快な
思いをさせてしまうかもしれないのは
前述したとおりなので、

種類によってプッシュ量を減らさないと
いけないことを覚えておきましょう♪

(*´ω`*)

それでもどんな香水使った良いかわかんない!?

もしも、あなたがデートに使う香水で
悩んでいるのなら、
使ってみてこれは評価が良かったな!

という香水をお教えしましょう♪

Lothantiqueロタンティック シークレットアントワーヌLes Secrets D’antoine オードトワレ100ml 【2107】【ポイント10倍】

男性でも女性でも使用できるユニセックスなオードトワレ。

値段もリーズナブルで
さやわかな印象を与えてくれるでしょう♪

[エルメネジルド ゼニア] Z ゼニア 100 ml EDT SP (Black Box)

メンズのオードトワレ。
ウッディ系とセクシー系を合わせた香りで、エレガントな印象を与えてくれるでしょう♪

【500円offクーポン 12/13 9:59まで】 エンドレス EDC・SP 75ml 【オーシャンパシフィック】【香水 フレグランス】【メンズ・男性用】【エンドレス 】【OCEAN PACIFIC ENDLESS EAU DE TOILETTE SPRAY】

柑橘系をメインに使ったメンズオードトワレ。

メンズ用だけど柑橘系なので女性が使用しても違和感ない香り。

爽やかな印象を与えてくれること間違いなし♪



スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

リンク




カスタム検索


日本ブログ村に参加しています♪

ブログランキングに参加しています♪

スポンサードリンク




このページの先頭へ