春分・秋分の彼岸に供えするおはぎ、ぼた餅には様々な呼び方がある



スポンサードリンク


Pocket
LINEで送る

春分・秋分の日は彼岸に当たり、
仏具や仏壇の掃除やお墓の掃除、
仏壇に供花やお供えをします。

 

供花としては仏花、菊のイメージですが、
菊でなければならないという決まりはなく、
故人が好きだった花や
白や淡い色の花が好まれます。

 

お供え物としては果物や菓子などの他、
ぼた餅やおはぎ、お団子、海苔巻きやいなり寿司、
精進料理、他には故人が好きだった食べ物や飲み物。

 

さて、お供え物のぼた餅とおはぎですが、
春のお彼岸お供えするのはぼた餅で、
秋のお彼岸にお供えするのはおはぎでしょうか?

彼岸にお供えするはおはぎ?ぼた餅?

おはぎとぼた餅はどちらも
餡ともち米やうるち米を
使用した同じ食べ物です。

 

おはぎと呼ぶのか、ぼた餅と呼ぶのかは
さまざまな説があります。

 

春は牡丹の花に見立てて、
“ぼた餅”と呼び、秋は萩の花に見立てて”おはぎ“と呼んだり。

 

もち米を主に使ったものが”ぼた餅”、
うるち米を主に使ったものが“おはぎ”と呼んだり。

 

こし餡を使ったものが”ぼた餅”で粒あんや煮た小豆を
使ったものを“おはぎ”と呼んだり。

 

大きさによって呼び方を変えている地方もあるため、
”これがぼた餅で、これがおはぎ“とは
一概に言えません。

 

ぼた餅とおはぎとの区別が薄れているため、
どちらで呼んでも良いというのが本当のところですけど、

お店によっては春は牡丹の花に見立てて、
こし餡を使用したものを”ぼた餅”と呼び、

秋は萩の花に見立てて
粒あんを使用したものを“おはぎ”と呼ぶと
しているところがありますね。

彼岸にお供えするぼた餅・おはぎの別の呼び方

彼岸は春と秋なのでぼた餅やおはぎと
2つの呼び方がありますが、
ぼた餅・おはぎ以外にも夏と冬の正式な呼び方があります。

  • 春 牡丹餅
  • 夏 夜船(よふね)
  • 秋 御萩
  • 冬 北窓(きたまど)

どちらも餅をつかずに作ることから
夏は船がいつ着いたのかわからない、
冬は月を知らないのは北側の窓という
言葉遊びからできた言葉。

 

知っていると風流人ですね。

彼岸にお供えしたものは美味しくいただきましょう

神仏に供えたものを自分たちで食べることで
神仏の力を身体に取り込むことができると
考えられています。

 

特に小豆には邪気を払うことができる
効果があると信じられてきました。

 

慶事にお赤飯を食べる風習があるのも
その一つです。

 

彼岸にお供えしたものは
美味しくいただきましょう。



スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

リンク




カスタム検索

スポンサードリンク




このページの先頭へ