Webページやファイルを印刷変換でPDFに変換する方法

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


PDFアイコン

PDFファイルは公式文書を発行する場合などに重宝されるドキュメントファイルです。

ドキュメントファイルと言っても、Wordのように文書を変更できるわけじゃなく、画像ファイルのような位置づけなので、他の人から編集されたくない文書ファイルを公開したい場合に使用されています。

PDFを開くためには、”Acrobat Reader”という専用のアプリケーションを使用し、下記リンクからダウンロードできます。

Acrobat Readerのダウンロードはこちら

 

ここではPDFファイルの作成方法について記載したいと思います。



スポンサードリンク




Webページをブラウザからの印刷変換でPDFに変換する方法

ブラウザにはWebページをPDFに変換する機能を持っています。WebページをPDFに変換したい場合に使用できますが、リンク先はそのまま残ります。

Google ChromeのPDF変換

  1. PDFに変換したいページを開き、右クリックから”印刷”をクリックし、”PDFに保存”をクリックする。



  2. ”保存”をクリックする。



SafariのPDF変換

  1. PDFに変換したいページを開き、”ファイル”から”PDFとして書き出す”をクリックする。



  2. ファイル名を入力して、”保存”をクリックする。



CubePDFを使用してPDFに変換する方法

CubePDFを使用して印刷すれば、ファイルだけでなくWebページもPDFへ変換することができます。

CubePDFのダウンロードはこちら

 

Google ChromeやSafariを使用してのPDF変換と違う点としては、リンク先は保持されないという点です。CubePDFを使用すれば、画像ファイルもドキュメントファイルも印刷できるものはすべてPDFに変換することができます。

CubePDFのインストール方法

  1. ”次へ”をクリックする。
    CubePDFのインストール説明画像


  2. “次へ”をクリックする。
    CubePDFのインストール説明画像


  3. ”次へ”をクリックする。
    CubePDFのインストール説明画像


  4. Google Chromeのツールバーに追加したい場合のみチェックを入れ、”次へ”をクリックする。
    CubePDFのインストール説明画像


  5. ”利用承諾に同意してインストールする”にチェックを入れ、”次へ”をクリックする。
    CubePDFのインストール説明画像


  6. “インストール”をクリックする。
    CubePDFのインストール説明画像


  7. ”完了”をクリックする。
    CubePDFのインストール説明画像


以上でCubePDFのインストールが完了します。CubePDFインストール完了時にユーザーマニュアルが表示されるので、ユーザーマニュアル通りに使用すればPDFを作成することができます。



スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ