MacBookのトラックパッドの使い方とやっておきたい設定とは?

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


MacのトラックパッドにはWindowsとは違って左クリック、右クリックがないので、Windowsに慣れている人はMacの使い方に戸惑うかもしれません。

 

Macではどうやってトラックパッドを使うのかを記載したいと思います。



スポンサードリンク


Macのトラックパッドの使い方

Macのマウス、トラックパッドはスマートフォンと同じようにスワイプして使用し、触れている指の数で動作が異なります。

 

そして、トラックパッドの使い方は映像付きで載っているので、こちらを参照したほうがわかりやすいです。

トラックパッドの動画説明

  1. Dock、もしくはLaunchPadから”システム環境設定”をクリックする。



  2. “トラックパッド”をクリックする。



  3. 下図の赤枠の部分が動画説明



トラックパッドの追加説明

  • “command”を押しながらクリック
    ブラウザでは”リンク先を新しいタブで開く”になる。


  • ”control”を押しながらクリックする。
    2本指クリックを同じ動作になる。(サブクリック)

やっておきたいMacのトラックパッドの設定

Macの設定でやっておきたいのはトラックパッドをクリックしなくてもパッド(軽く叩く)だけでクリックしたときと同じ動作をするように設定しておくと楽です。

設定方法は次の通り。

  1. Dock、もしくはLaunchPadから”システム環境設定”をクリックする。



  2. “トラックパッド”をクリックする。



  3. ”副ボタンのクリック”と”タップでクリック”に
    チェックを入れる。




    ※調べる&データ検出にチェックを入れると気になる単語の上で指3本タップすると下図のようになる。



  4. ”スクロールとズーム”タブの”スクロール方向:ナチュラル”のチェックを外しておく。
    ※チェックが付いていると下に移動させるとウィンドウが上にスクロールする。



以上でタップするとクリックと同じ動作になります。

 

ただし、ドラッグ&ドロップはタップではできないので、クリックして操作してください。

MacBookのトラックパッドのまとめ

MacBookのトラックパッドはすごく使いやすいです。

 

トラックパッドの使い方がわからず、マウスを購入したのですが、正直マウスはいらなかったかなと思います。



スポンサードリンク




サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ