Windowsの画面がフリーズしたときに電源を落とす前に試す操作とは?

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


Windowsの操作をしていて、ファイルコピーなどをしている最中で、画面が白く固まって下図のように動かなくなったりしませんか?

そんなとき、「PCの電源ボタンを長押しして、一度電源を落としてからもう一度電源を入れる」ということをしているかもしれません。

 

ですが、電源ボタンを長押しして、電源を落とすというのはあまり好ましくありません。

 

PCをシャットダウンする際には様々な情報を記録したりしているので、次回起動させたときにうまく起動できなかったりというトラブルが起きたりします。

 

PCの電源ボタンを長押しして、PCの電源を落とす前にやっておきたい対処法について記載します。



スポンサードリンク




Windowsの画面がフリーズするのは?

Windowsの画面がフリーズして動かなくなってしまうのは、“エクスプローラー”というアプリがフリーズしている場合です。

 

このエクスプローラーというアプリがアイコンを表示してくれていて、ファイルをクリックしたら開いたり、ファイルの種類などを見える形で表示してくれています。

 

なので、Windowsの画面がフリーズして動かなくなってし余ったときは、エクスプローラーのアプリを再起動させたら、解決したりします。

電源を落とす前にエクスプローラーアプリを再起動させる

エクスプローラーを再起動させる手順は次の通り。

  1. キーボードの“Ctrl” + “Alt” + “Delete”を順番に押して、表示される画面から”タスクマネージャー”をクリックする。


  2. 表示されるリストの中からexplorer.exeを探して、右クリックしてプロセスの終了を選択。







  3. タスクマネージャーと壁紙以外すべて消えた状態になる。



  4. アプリケーションタブの新しいタスクをクリックする。



  5. explorerと入力し、OKをクリックする。



これで、消えていたアイコンなどが表示されるようになります。

Windowsの画面がフリーズしたときの対処法まとめ

Windowsの画面がフリーズしたときは、たいていこの方法で元通りになりました。

 

PCの電源を落とすのは最終手段で、極力、PCの原電を落としたいときはシャットダウンを行うようにしましょう。



スポンサードリンク




サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ