Macで隠しファイルや隠しフォルダを設定する方法とは?

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


Macアイコン

MacでもWindowsのように隠しファイルや隠しフォルダを設定する方法がないかを調べてみました。

 

WIndowsのようにプロパティから隠しファイルや隠しフォルダを設定する方法は残念ながらないようです。

 

Macの場合はターミナルを使用して隠しファイルや隠しフォルダに設定します。



スポンサードリンク




隠しファイルや隠しフォルダを設定する方法

次の手順で隠しファイルや隠しフォルダを設定することができます。

  1. LaunchPadのその他からターミナルをダブルクリックする。
    ターミナルから隠しファイル・隠しフォルダを設定する方法


  2. ターミナルで”chflags hidden パス名”を入力し、Enterキーを押す。
    例:デスクトップ上の”サンプル.jpg”というファイルを隠しファイルに設定する。
    ターミナルから隠しファイル・隠しフォルダを設定する方法


以上で、ファイルやフォルダを隠しファイルや隠しフォルダに設定することができます。

隠しファイル・隠しフォルダに設定する:chflags hidden パス名

隠しファイル・隠しフォルダを解除する:chflags nohidden パス名

ターミナルを使用したパス名の書き方

chflags hidden ~/Desktop/ファイル名 デスクトップ上の指定のファイルを隠しファイルに設定する。
chflags hidden ~/Desktop/*  デスクトップ上のすべてのファイルを隠しファイルに設定する。

パス名の書き方はフルパスを記載することができますが、間接パスを記載することもできます。

 

つまり、フルパスの書き方がわからなくても”cd”コマンドでその場所まで移動して、”chflags hidden”を入力することで隠しファイルや隠しフォルダに設定することができます。

隠しファイルや隠しフォルダの表示・非表示切り替え方法

隠しファイルや隠しフォルダの表示・非表示はターミナルからコマンドを打つことで切り替えが可能ですが、ショートカットを利用したほうが早いです。

“shift” + “command” + “.”(ドットキー)  隠しファイル・隠しフォルダの表示/非表示を切り替える。

隠しファイルや隠しフォルダを設定する方法のまとめ

Windowsのようにプロパティから隠しファイルや隠しフォルダを設定することができるかなと思っていましたが、仕様が違っています。

 

もしもMacで隠しファイルや隠しフォルダを設定するような場面があれば、使ってみてください。



スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ