ファイルのタイトルだけじゃなく内容も含めて検索する方法

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


検索アイコン

ファイルが何処に有るかを検索する場合があると思います。

 

Windowsだとパスが表示してあるボックスの隣に検索ボックスがあり、そこにタイトルを入力するとファイルの在処を検索してくれます。

 

しかし、中にはファイルの中身とタイトルが一致していないものを検索したい時があるのでは?

 

○○のことが書いてあるドキュメントファイルはどこにあったか・・・とか。

 

今回はファイルの内容を検索する方法を紹介したいと思います。

ファイルの内容を検索する方法

ファイルの内容を検索するには”サクラエディタ”や”秀丸エディタ”などのテキストエディタというフリーソフトを使用しますが、テキストエディターで検索できるのはテキストベースのファイルが限界です。
※エディターというのはメモ帳の機能をゴージャスにしたものだと思ってもらって大丈夫です。

 

WordやExcel、PDFの中身までは検索できません。

 

WordやExcel、PDFの中身も含めて検索することができるSearchAppというフリーソフトを紹介したいと思います。



スポンサードリンク


SearchAppを使ってファイルの内容を検索する

SearchAppをダウンロードする
  1. SearchAppのダウンロードリンクからダウンロードする。
    SearchAppのダウンロードはこちらから


  2. “SearchApp1400.zip”を解凍し、”SearchApp1400.jar”をダブルクリックする。
    ※起動しない場合はこちらをJavaRunTimeのインストールが必要なのでこちらからインストールする。
    SearchAppの使い方


  3. 下記画面が表示されたらOK。
    SearchAppの使い方

SearchAppはインストール不要型のアプリケーションなのでフォルダ一式を削除しないようにしましょう。

SearchAppでファイルの内容を検索する方法
  1. 検索ボックスにキーワードを入力し、検索パスを選択する。”Office、PDFも検索する”にチェックを入れて”Grep”をクリックする。
    SearchAppの使い方


  2. 検索結果を右クリックすると、ファイルを開いたり、ファイルのあるフォルダを開くことができる。
    SearchAppの使い方


PDFも検索対象とすることができますが、PDFが画像で作成されている場合は検索に引っかからないので、注意が必要です。

 

そして、圧縮ファイルは検索対象外となるので、探しているファイルが.zipなどで圧縮されている場合は見つけることができません。

ファイルのタイトルと内容を検索する方法のまとめ

今まではテキストファイル検索が多かったため、サクラエディタや秀丸エディタを使って検索をかけていましたが、WordやExcelでファイルを保存することが多く、さらにはPDFファイルも増えてきたのでテキストエディタではカバーできなくなってきました。

 

そんなとき、SearchAppを使えばファイル検索が楽になります。



スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ