MacbookでMicrosoft Officeが使えるMicrosoft Office365

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


Microsoft Officeアイコン

MacにもMicorosoft Officeと同様なツール、PagesやNumbersがデフォルトでインストールされていますが、Windowsの普及も凄まじく、職場ではWindowsをメインで扱っているところばかりです。

 

そのため、ドキュメントの類はMicrosoft Officeを使っているところばかり。

 

Windowを購入すると、Microsoft Officeがデフォルトでインストールされていますが、Macには自分でインストールしないと使用できません。

 

Macでも使えるMicrosoft Officeを紹介したいと思います。

Macでも使えるMicrosoft Office 365

MacでもMicorosoft Office 2016 for Macを購入してインストールすれば、MacでもMicrosoft Officeを使用することができますが、おすすめするのはMicrosoft Office 365です。

 

Microsoft Office 365は2台のPC(Windows、Mac共に使用可能)、2代のタブレット、2台のスマートフォンで使用することができ、WordやExcelだけでなくPowerpointやAccessまで幅広く使用することができます。

 

そして、Microsoftが提供しているOne Driveが1TBまで増えるなどのサービスまで付いています。

 

さらに、Micorosoft Officeの最新版がリリースされたら自動的に最新版を使用することができるというのがMicrosoft Office 365。

 

ライセンス購入は年払いか月払いかを選択することができ、年払いならば12,744円、月払いで1,274円ですが、1ヶ月の無料体験期間が設けられています。



スポンサードリンク




Microsoft Office 365にログインできない

Microsoft Office 365にログインできないというケースが発生しているようですが、Microsoft Office 365にログインするページは1箇所と決められているようです。

 

それ以外の箇所からログインしようとすると、正しいメールアドレス、パスワードを入力してもエラーとして弾き返されてしまうとのこと。

 

Microsoft Office 365にログインするページはこちらだけなので、注意しましょう。

MacでMicrosoft Officeを使用することのまとめ

ファイルのやり取りはダントツでMicrosoft Officeを使用して作られたファイルが多いです。

 

Macを使用していて、Microsoft Officeで作成されたファイルを開けないというのはかなり苦痛です。ほとんど開けません。

 

Microsoft Officeを使用する以外にはOpen Officeというフリーツールを使用することで開くことができますが、Open Officeではフォーマットが崩れてしまい、作成されたとおりに表示されません。

 

なので、Microsoft Officeで作成されたものはMicrosoft Officeで開くのが一番です。



スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ