Microsoft Office 365でWordを開くと”プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。”が表示される

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


Microsoft Office 365をインストールし、Wordファイルを開こうとすると”プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。”というメッセージが表示されることありませんか?

 

“プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました”エラーメッセージが表示は表示されるだけで、ファイルの保存や編集などは普通にでき、既存のWordファイルを開いたときのみ表示されるという現象。

 

私の場合、MacにもMicrosoft Office 365をインストールしているのですが、Macでは既存のWordファイルを開いてもこのメッセージが表示されない。

 

この”プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。”というエラーメッセージがうっとおしくて悩んでいたのですが、メッセージが表示されないようにする方法を見つけたので紹介します。



スポンサードリンク




“プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。”の対応法

レジストリーのddeexecをリネームすることで解決しました。

 

ddeexecをリネームする方法は下記の通り。

  1. スタートメニューから”プログラムとファイルの検索”ボックスに”regedit”を入力する。
    プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。の対応法


  2. HKEY_CLASSES_ROOT\Word.DOcument.12\shell\Open\ddeexecまでたどる。
    ※Microsoft Office 365以外を使用している場合はWord.DOcument.12ではない可能性があるので注意。
    プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。の対応法


  3. ddeexecを右クリックして”名前の変更”リネームする。
    ※削除する場合は問題があったときに備えて事前に右クリックしてエクスポートしておくことが必要。
    プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。の対応法


以上で、作業完了です。

 

これでWordファイルを起動させても”プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。”というメッセージは表示されなくなりました。

“プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。”のまとめ

このエラーメッセージがMicrosoft Office 365をインストールしてから発生するようになり、色々と調べたのですが、プロパティの互換性や管理者権限チェックを調査しても何も解決しませんでした。

 

この方法ならば、”プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。”という問題が解決するかもしれないので、このメッセージ表示で悩んでいる場合は試してみてください。



スポンサードリンク




サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ