システムの保護を有効化しようとするとファイル名、ディレクトリ名、またはボリュームラベルの構文が間違っています。(0x8007007B)というメッセージが表示される

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


システムの復元アイコン

システムの復元の設定をしておくと、PCの調子が悪いときに調子が良かったときに戻すことができるようになります。

 

しかし、システムの復元ポイントは“システムの保護”が無効になっているときは作成されません。

 

システムの保護を有効化しようとすると、”次の理由により設定を適用できませんでした。ファイル名、ディレクトリ名、またはボリュームラベルの構文が間違っています。(0x8007007B)”というエラーメッセージが表示されてシステムの保護を有効化できないときの対応法を記載します。

システムの保護を有効にする方法

  1. マイコンピュータを右クリックして”プロパティ”をクリックする。
    システムの保護を有効化する方法


  2. コントロールパネルホームの”システムの保護”をクリックする。
    システムの保護を有効化する方法


  3. ”構成”をクリックする。
    システムの保護を有効化する方法


  4. ”システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する”にチェックを入れ、”適用”をクリックして、エラーメッセージを一度出す。
    システムの保護を有効化する方法


  5. “システムの保護を無効にする”にチェックを入れ、”適用”をクリックしてエラーメッセージをもう一度出す。
    システムの保護を有効化する方法


  6. ”システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する”にチェックを入れ、最大使用量を調整して、”OK”をクリックする。
    システムの保護を有効化する方法


これでシステムの保護を有効化することができます。



スポンサードリンク




システムの保護を有効化しようとするとエラーメッセージが表示されるまとめ

ハードディスクが故障し、新しいハードディスクに交換し、リカバリディスクでWindowsを復元したときは”システムの保護”が無効になっていて、システムの復元ポイントが全然作成されていませんでした。

 

それで、システムの保護を有効化しようとするとこのメッセージが表示されるようになりました。

 

表示される原因はよくわかりませんが、この方法で解決したので紹介しておきます。



スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ