Windows7でファイルやフォルダをバックアップする方法

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


バックアップアイコン

 

ファイルやフォルダを誤ってゴミ箱から削除してしまった場合や、そのときは不要になっても後々になって必要になってしまった場合、ファイルやフォルダを復元する必要が出てきます。

 

そんな場合に備えて、ファイルやフォルダを定期的にバックアップしておくことはとても重要です。

 

ファイルやフォルダをバックアップする方法を記載しますが、ファイルやフォルダのバックアップは外付けのハードディスクにとっておくことをおすすめします。

 

ファイルやフォルダの復元を行う場合、ハードディスクそのものに何らかの問題が起きて、復元する必要が出てくる場合のほうが多いからです。

 

なので、事前に外付けのハードディスクを用意しておきましょう。

外付けハードディスク

バッファロー HD-NRLC2.0-B [USB3.0 外付けハードディスク 2TB BUFFALO バッファロー]

価格:8,980円
(2018/10/2 02:39時点)
感想(81件)

Windows7でファイルやフォルダをバックアップする手順

  1. スタートメニューから”すべてのプログラム”を選択し、”メンテナンス”の中にある”バックアップと復元”をクリックする。
    バックアップの設定


  2. ”オプション”をクリックする。
    バックアップの設定


  3. ”外付けのハードディスク”をバックアップ先に設定し、”次へ”をクリックする。
    バックアップの設定


  4. ”自動選択(推奨)”にチェックが入っていることを確認して”次へ”をクリックする。
    バックアップの設定


  5. ”スケジュールの変更”をクリックし、スケジュールを設定する。
    バックアップの設定


  6. バックアップスケジュールは最低、修に一回は取ることを推奨する。
    バックアップの設定


  7. ”設定を保存して終了”をクリックする。
    バックアップの設定


以上でバックアップスケジュールの設定は完了ですが、スケジュールを設定したら”今すぐバックアップ”をクリックして一度バックアップすることをおすすめします。



スポンサードリンク




Windows7でファイルやフォルダをバックアップする方法のまとめ

Windows7のハードディスクが故障し、Windowsの起動すらできなくなってしまったことがあり、新しい内臓のハードディスクを用意して中身を復旧させるのにバックアップを取っていたおかけで復元させることができました。

 

ハードディスクの物理的な故障にも備えて、定期的にバックアップをとっておくことをおすすめします。



スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ