OutlookのOneDriveは5GBまで無料!共有と解除などの使い方

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


OneDriveアイコン

Googleドライブの両方はこちらで紹介しましたっが、OutlookのOneDriveもインターネット上にファイルを保存することができます。

 

OneDriveもGoogleドライブと同じようにアカウントを作成するだけで、利用することができるので紹介しておきます。

Outlookのアカウントの作成方法はこちら

OneDriveの利用は5GBまでフリーで利用できる

OneDriveはフリーで5GBまで利用することができます。以前は制限がなかったようですが、一人で500TBも利用するという利用者が出てきたため、制限がかかったようです。

 

いつでも制限がかかるのは何かをやらかす人が出てくるから・・・

 

それでも複数アカウントをもっている場合、Googleドライブと同じようにアカウント数分利用することができるので動画ファイルでない限り、かなりのファイル数を保存できることになります。(5GB ✕ アカウント数)

 

Microsoft Office 365を利用している場合は容量を拡大することができ、5GB → 1TBになります。

Microsoft Office 365の情報はこちら

OutlookのOneDriveの利用法

OutlookのOneDriveにファイルを保存する方法は次の通り。

  1. 次のリンクからOutlookにアクセスする。
    Outlookへのアクセスはこちら


  2. 下の赤枠の部分をクリックする。
    OneDriveへのファイルの保存の仕方


  3. OneDriveをクリックする。
    OneDriveへのファイルの保存の仕方


  4. OneDrive上にファイルをドラッグ&ドロップすればOneDrive上にファイルを保存することができる。
    OneDriveへのファイルの保存の仕方


以上でOneDrive上にファイルを保存することができる。OneDrive上にフォルダを作成する場合は、OneDrive上で右クリックして”新規”から”フォルダ”をクリックすると作成することができる。

OneDriveへのファイルの保存の仕方




フォルダにファイルを移動させるときもドラッグ&ドロップで行い、ローカル上でファイルを操作するように操作することができる。

OutlookのOneDriveのファイル共有の仕方

  1. 共有したいファイルを右クリックして”共有”をクリックする。
    OneDriveへのファイルの保存の仕方


  2. 共有メンバーに編集されたくない場合は”編集を許可する”のチェックを外し、共有期間やパスワードを設定する場合はそれぞれにチェックを入れる。
    OneDriveのファイル共有の仕方


  3. ”リンクの取得”をクリックし、表示されるURLをコピーし、メールやLINEなどで共有したいメンバーに送信する。
    OneDriveのファイル共有の仕方


  4. ”☓”をクリックして閉じる。
    OneDriveのファイル共有の仕方


  5. 左メニューの”共有”をクリックすると共有化されているファイルが表示される。
    OneDriveのファイル共有の仕方


以上でファイルの共有設定は完了です。

OutlookのOneDriveで共有されたファイルを編集する

  1. 共有されたメンバーはファイルを開こうとするとパスワードを設定ある場合は下記画面が表示されるので、パスワードを入力して”送信”をクリックする。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


  2. URLをクリックする、正しいパスワードを送信すると共有されたファイルを開くことができるので、”ブラウザで編集”をクリックする。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


  3. ”共有”をクリックする。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


  4. ”この編集リンクを受け取った人”をクリックして、”閉じる”をクリックする。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


以上で共有ファイルの編集は完了です。他のメンバーとも共有したい場合はユーザーを招待すれば共有メンバーを増やすことができる。

OutlookのOneDriveで共有を解除する方法

  1. 共有を解除したいファイルの右上クリックしてチェックを入れる。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


  2. ”アクセス許可の管理”をクリックする。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


  3. ”☓”をクリックする。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


  4. “リンクの削除”をクリックする。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


  5. 左メニューの”共有”をクリックして、対象のファイルが表示されなかったら共有の解除は完了。
    OneDriveのファイル共有解除の仕方


以上でファイルの共有解除は完了です。

OneDriveアプリの利用

OneDriveをブラウザから利用することもできますが、OneDriveアプリを利用すれば、ブラウザを使わなくても、スマホからでもアクセスできるようになります。

  1. OneDriveを下記リンクからダウンロードする。
    → OneDriveアプリのダウンロードはこちらから
    OneDriveアプリの設定

  2. ダウンロードされた”OneDriveSetup.exe”をダブルクリックする。


  3. メールアドレスを入力し、”サインイン”をクリックする。
    OneDriveアプリの設定


  4. パスワードを入力し、”サインイン”をクリックする。
    OneDriveアプリの設定


  5. ”次へ”をクリックする。
    ※OneDriveフォルダを変更したい場合は”設定の変更”をクリックする。
    OneDriveアプリの設定

  6. OneDrive上にあるファイル・フォルダでダウンロードしたいものを選択して”次へ”をクリックする。
    OneDriveアプリの設定


  7. ”>”をクリックする。
    OneDriveアプリの設定


  8. ”OneDriveフォルダを開く”をクリックする。
    OneDriveアプリの設定


 

以上で、OneDriveアプリの設定は完了です。インターネット上のOneDriveと同期が取られているので、ここで設定したローカルフォルダに保存したファイルはすべてOneDrive上に保存されます。

つまり、ローカルフォルダとOneDriveの2つの容量を使用するので、OneDrive上に同期フォルダを作成するなどして同期フォルダを限定しないと大きなサイズのファイルを置くとすぐにパンクしてしまいますので注意してください。

OneDriveアプリの同期フォルダの設定を変更する

OneDriveをインストール時に設定した同期フォルダを変更する手順は次の通り。

  1. インストール時に設定したフォルダに移動し、OneDriveを右クリックして、”設定”をクリックする。
    OneDriveアプリの同期フォルダの再設定方法


  2. アカウントタブの中にある”このPCのリンク解除”をクリックする。
    OneDriveアプリの同期フォルダの再設定方法


  3. ”アカウントリンクの解除”をクリックする。
    OneDriveアプリの同期フォルダの再設定方法


  4. インストール時の設定画面が表示されるので再度設定する。
    OneDriveアプリの同期フォルダの再設定方法


以上でOneDriveの再設定は完了です。

OutlookのOneDriveの利用法と共有の仕方のまとめ

インターネット上にデータを保存できるとインターネット環境さえあればいつでも自由にアクセスすることができるので便利です。

 

しかし、インターネット上にファイルを保存する場合、クラッカーなどによる不正アクセスなども懸念されるのでインターネット上にファイルを保存する場合はファイルを暗号化して保存することをおすすめします。

ファイルを暗号化する方法はこちら

 

いつ、どこで流出事故が起きるのかわからないですから。。。。



スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ