Officeで作成したファイルが勝手にOneDriveに保存されてしまう

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


OneDriveアイコン

Microsoft Officeで作成したWordやExcel等のファイルをOneDrive上に保存したわけではないのに、OneDrive上に勝手に保存されて、知らない間にOneDriveの容量を圧迫したということありませんか?

 

OneDriveアプリを利用している場合、自動的にMicrosoft Office 2016で作成したファイルをOneDrive上に保存する設定がされているんです。

 

少々、ありがた迷惑な設定だと思います。。。

 

OneDriveの設定を変更することで、自動的にOneDrive上にOfficeで作成したファイルが保存される問題は解決できます。

OneDriveの設定を変更する

  1. OneDriveフォルダを右クリックし、”設定”をクリックする。
    OneDriveの設定変更手順


  2. Officeタブの”Office 2016を使用して、開いているOfficeファイルを同期する”にチェックが入っているのでチェックを外す。
    OneDriveの設定変更手順


  3. ”OK”をクリックする。
    OneDriveの設定変更手順


以上で設定変更完了です。

Officeで作成したファイルが勝手にOneDriveに保存されてしまうまとめ

OneDriveアプリを利用している場合、自動的にMicrosoft Office 2016で作成したファイルをOneDrive上に保存する設定がデフォルトでされているのは少々、ありがた迷惑な設定だと思います。。。

 

この手順で解決するので試してみてください。



スポンサードリンク




サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ