Microsoft Office 365のOutlookの初期設定方法とOutlook.comとの違い

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


Outlookアイコン

Microsoft Outlookを使用している人も企業も多いですし、大半が使用しているアプリケーションではないかと思います。

 

中にはブラウザ上のフリーメールだけ使用している人もいるかと思いますが、ブラウザ上で使用するよりもローカル上でアプリケーションを使用した方が見慣れている、手慣れている分、使いやすかったりします。

 

わざわざ、ブラウザを開いて、URLに飛んで、サインインする必要が無いですしね。

 

Microsoft Outlookの初期設定方法とブラウザ上で操作するOutlook.comとの違いを紹介します。

Microsoft Outlookの初期設定方法

  1. Microsoft Outlookを起動すると下記フォームが表示されるので、メールアドレスを入力して、”接続”をクリックする。
    Microsoft Outlook設定方法


  2. Outlookフリーメールで使用しているパスワードを入力して、”OK”をクリックする。
    Microsoft Outlook設定方法


  3. ”完了”をクリックする。
    Microsoft Outlook設定方法


  4. 初期設定が始まるので待機。
    Microsoft Outlook設定方法


以上で設定完了です。自動的にMicrosoft Outlookが起動します。

 

ウェブブラウザ上で登録しているアドレス情報や仕訳ルールの設定などもそのまま引き継がれるので、特に設定をインポートすることもなく使用することができます。



スポンサードリンク


Microsoft OutlookとOutlook.comとの違い

Microsoft Outlookとウェブブラウザ上で使用できるOutlookフリーメールはデザインも全く違いますが、機能も全く違っています。

 

ツールメニューがあるかないかだけでもかなり使い勝手が違っています。

 

個人的な用途で次の点が大きく違うかなと感じました。

  • Microsoft Outlookにはピン留めの機能がないのでブラウザ上のOutlookで使用していたピン留めが反映されない。
  • Microsoft OutlookにはOne Noteに転送する機能があるので重要なメールを保存しておける。

Microsoft Outlookの初期設定方法とOutlook.comとの違いのまとめ

ローカル上のメールツールの設定はインターネット契約時などに行いますが、大抵めんどくさい設定を行いますし、一発でうまくいかないことが何故か多い。(私だけかもしれませんが・・・)

 

しかし、ブラウザ上のメールとの動機設定は簡単にできるので、Outlookメールをウェブブラウザで使用している場合はMicrosoft Outlookを設定してみてください。



スポンサードリンク




サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ