夏目友人帳のモデルとなった熊本県人吉市に聖地巡礼に行ったときのこと

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


夏目友人帳の劇場版が公開された。ずっと夏目友人帳のファンだったので、劇場版公開は楽しみだったがまだ見ていない。

 

夏目友人帳といえば、その昔、2期を放映していた頃に聖地巡礼のたびに初めて出かけたのを思い出したのでちょっと紹介させてもらおう!

 

ちなみに人吉市に行くと夏目の聖地巡礼用パンフレットが配られていた。

田沼がいた晴山バス停

夏目友人帳のオープニングで流れるテーマ曲、LONG SHOT PARTYの”未来タイムマシン”に沿って夏目友人帳の町並みの描写がある。

【中古】 あの日タイムマシン /LONG SHOT PARTY 【中古】afb

価格:298円
(2018/10/4 22:45時点)
感想(0件)

最初の方で田沼が待っているバス停。

こちらのバス停に行ってみた。

このバス停は晴山のバス停。バス停の名前が違うのはオリジナルとアニメとの違いだろう。

こういうのはアニメ描写と一致しているとすごくワクワクしてくる。

西村・北本・笹田が歩いている通学路

こちらの背景となった写真がこちら。

虹がかかっている棚田

アングルをミスっているが、写真を撮影。流石にDVDを見ながらアングルを確認できなかったことと、山の中ではネットもちゃんと繋がらないので記憶を頼りに撮影してます。

名取が座っている石の階段

この石の階段を探すのみめっちゃ苦労した記憶がある。地元のおばさんに訊いてみたが、「このへんだと思うのですが、石の階段のある鳥居はありませんか?」としか質問できない。

 

ひょっとしたら知っているかもしれないけど、夏目友人帳のモデルとなった・・・という質問はできず・・・この背景のモデルとなった石の階段が一番見つけにくかった。場所も説明できない・・・特に名前がなかった。

夏目が歩いている石橋

これは笠松橋公園というところ。

夏目友人帳による花火大会

ちなみに、熊本県人吉市は夏目友人帳による町おこしをしているようで、夏目友人帳のアピールがある。私が訪れたタイミングでは夏目友人帳による花火大会が催される予定で、ニャンコ先生の声優の井上和彦氏のスピーチが予定されていたんだけど、しかしこの時、静岡県の天竜川川下りで水難事故が発生するほど日本全体で大雨で、人吉でも山の方では結構な雨が降っていた。

 

夏目友人帳のモデルとなっている人吉も山の中の方なので、聖地巡礼は見事雨の中実施していたのだった。

 

実際に聖地巡礼を体験してみて、こういうところに夏目は住んでいるのか・・・と思うと夏目の世界観に自分もいるようでしみじみとしてくる。しかし、ここの人たちはどうやって生活しているのだろう・・・と思わずにはいられないほど山の奥に住んでいる。

 

モデルスポットを探している最中に廃村となった集落も見た。田舎暮らしに憧れる都会人の話はよく聞くが、田舎には遊びに行くくらいがちょうどよいのではないかと思う。久々に夏目友人帳2期を見直してみたくなったのだった。

【中古】アニメDVD 続・夏目友人帳 BOX付初回限定版全5巻セット

価格:20,400円
(2018/10/4 23:18時点)
感想(3件)



スポンサードリンク




サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ