ザ・ルイガンズのlounge on the waterでチョコレートの盛り合わせを食べることになった

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


私は久々に夜のドライブに出かけることとなった。ペーパードライバーを脱却するために運転を始めてから約半年がたったことだろう。

 

それまで車を運転しなくても全然問題ないような生活を送っていたため、長いことペーパードライバーをやっていた私。

 

会社が支給してくれる定期さえあれば問題ないし、わざわざ車を運転してまで行かないといけないようなところはない。

 

しかし、自動車社会の土地ではそうも行かないところだ。電車よりもバスが支配する土地に住むと車を運転できたほうがずっと便利なのである。

 

東京に住んでいた頃は電車さえあれば十分だったが。

 

無事故無違反!

 

当然です!事故や違反を起こす原因そのものがないのだから。車の運転を再開して半年たったが、私は無事故無違反である。

 

さて、夜のドライブで向かった先は海の中道にあるザ・ルイガンズホテルのlounge on the waterというレストランだった。

ザ・ルイガンズホテルのlounge on the waterへのアクセス

関連ランキング:イタリアン | 海ノ中道駅

lounge on the waterでチョコレートを食べたかったわけじゃない

前もって言っておこう。私は、チョコレートを食べにlounge on the waterへ向かったわけではない。

 

夕食を食べたかったのだ。リッチなホテルで夕食を食べたかったのだ。だが、lounge on the waterについたときはラストオーダーを過ぎていた。

 

時間をミスった。

 

私は反省した。

 

時間調整はするべきだと。

 

オーダーできたのがチョコレートの盛り合わせと紅茶だった。私は夜の10時にとてもリッチなホテルでティータイムをすることとなった。

 

私の予定ではホテルの美味しい夕食を食べている予定だった。だが、食べているのはチョコレートの盛り合わせだ。

 

私は改めて反省した。

 

周りにいる人はホテルの宿泊客だろう。

 

ホテルの優雅な食事を済ませ、優雅に食後のティータイムでも楽しんでいるのだろう。

 

私は、食前のティータイムを楽しんでいる。

 

いや、楽しんでいるのか?

 

自分でやらかしておきながら複雑な気分であったのは間違いない。

lounge on the waterの景色が救い

 

立地なホテルから見える景色は美しかった。美しい夜景を見ながら紅茶とコーヒを楽しむ。

 

この文字だけ見たら、なんと優雅な時間を過ごしていることだろう。

 

だが、忘れてはいけない。私は夕飯を食べていないのだ。

 

空腹なのだ。

 

食べているチョコレートの盛り合わせと紅茶は虫押えなのだ。私は美しい夜景を見ながら虫押えをしているのだ。

lounge on the waterのまとめ

lounge on the water で普通に食事ができていたらどんなに良かったことだろう。今回はチョコレートの盛り合わせと紅茶という組み合わせだったが、美味しかったのは間違いない。

 

お菓子といえど、一流ホテルのお菓子だ。

 

今度はちゃんとスケジュールを考えることにしようと反省したのだった。



スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ