ハウステンボスの光の王国に救われたが神様は非情だった

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


長崎県にあるハウステンボスは1992年の3月25日に開業したテーマパークだ。

 

知らない人はいないだろう。

 

かなり有名なテーマパークだが、私は子供の頃に行ったことが1回もない。

 

学校でクラスメートが”連休にハウステンボスに行ってきたよ!”という話を楽しそうにしていたのを覚えている。

 

特別羨ましいと思っていたわけではないが、私の家族はあまり旅行に行かない家族だったのでハウステンボスに行こうという話になったことなんて一度もない。なので、大人になるまでハウステンボスがどのようなところか全く知らなかったのである。

 

九州に住んでいる人ならば、子供の頃に1度は行ったことがあるであろうハウステンボスに私は成人して初めて足を踏み入れることになったのであった。

ハウステンボスへのアクセス

ハウステンボスへのアクセスは博多駅からJR九州のハウステンボス特急や直行バスツアーが出ている。

 

長崎空港からだとなんと、ヘリコプター遊覧飛行まである。

施設名 ヘリコプター遊覧飛行
場所 アートガーデン アートガーデン奥
営業時間 10:00~17:00
定休日 毎週水・木
料金 11,000円~ ※1フライトあたり3名料金(定員:3名) ※期間限定プランもございます
備考 イベントまたは天候により、離着陸場所の変更もしくは営業を見合わせる場合がございます。

◎空港送迎もご利用いただけます
コース:長崎空港~ハウステンボス
片道2名様:48,600円 (所要時間 約10分)

エス・ジー・シー佐賀航空株式会社
TEL:080-1544-2052
(10:00~17:00)

引用元:ハウステンボス公式ページ

ペーパードライバーな私は、この頃段々と運転に慣れてきていたため、初めて高速に乗ってハウステンボスまで運転した。

 

ハウステンボスデビューだけでなく、高速道路デビューでもあったのだった。

ハウステンボスは1dayパスポートを買わなかったら暇になる

ハウステンボスにも他のレジャー施設と同じように色々なアトラクションがある。しかし、1dayパスポート(大人:7000円)を購入しない限り、施設に入ることはできない。

 

受付以外で入場券が売られているわけではないので、1dayパスポートを購入しないと”暇”になる。

 

ハウステンボスは広いからなんとかなるだろと甘く見ていた。1dayパスポートを買わなかったらこんなに暇になるとは思わなかった。

 

ハウステンボス内にいた時間は6時間ほどだったが、こんなに意味もなく巡回バスに乗ることになるとは思わなかった。

 

こんなに意味もなく巡回フェリーに乗るとは思わなかった。

 

マジですまん・・・

 

ほんとにすまん・・・

 

1dayパスポートを買っておけばよかった。

 

私は反省した。

 

あまり幹事をやったことがない私はミスった。

 

イベントが始まるまでの間、別のところで時間を潰したいが、ハウステンボスから出てしまえば料金が倍かかる。

 

やばい・・・回避策がない。

 

施設内はほとんど見渡してしまった。

 

せめてアトラクションでお金を払えば入場出てくるようにしていてくれれば・・・・

 

だが、そんな願いは虚しく、ハウステンボス内でボーッと時間を潰さないといけなくなった。

ハウステンボスの光の王国が私を救ってくれた

ハウステンボスで遊んだ最後の1時間、光の王国のイベントだけが私を救ってくれた。

 

神様は舞い降りた。

 

5時間も施設内をウロウロして時間を潰させてしまった私に救いの手が差し伸べられた。

 

あたり一面は光に包まれた。

 

リアルに。

ここがさっきまで若干憂鬱な気分で散策していたところなのか!?

 

見飽きた光景だったのか!?

 

ハウステンボスは確かに光の王国に変わった。

5時間も歩き回り、見飽きたはずの施設内を再び巡回しだした。

 

しかし、神様は非情だった。

 

散々散策して飽きてしまったハウステンボス内をもうちょっと歩き回りたいという気持ちにさせておきながら、もうすぐハウステンボスを出なければ行けない時間に迫っていた。

 

神様は追い打ちをかけた。

 

豪雨になった。

 

私は思った。

 

ハウステンボスはイベントだけ見るようにしようと・・・



スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ