いろり山賊のステーキは7000円もするのにファミレスよりもまずい

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク


山口県にいろり山賊というお店がある。山口県の名物を探していると、いろり山賊を見つけた。

 

決してお祭りが嫌いなのではないが、普段あまり、お祭りに行くようなことはない。

 

山口県といえば、秋吉台くらいしか知らない私なので、お祭りの中にあるお店という写真につられて行ってみたくなったのだった。

 

ペーパードライバーから脱却しつつある私は後部座席ではなく運転席に座り、山口県へと遠征したのだった。

いろり山賊へのアクセス

【玖珂店】

【錦店】

【周東店】

いろり山賊は山賊っぽく山の中にある。

 

いろり山賊に行くにはタクシーを捕まえるか、車で行くかになると思うが、タクシーで来ている人はいなかった。

 

私はペーパードライバーから脱却しつつあるが、こんなとき、ペーパードライバーだと不利だなと改めて思ったのだった。

いろり山賊の作りは面白い

いろり山賊は本当にお祭りのようなところだった。子供が来れば絶対にはしゃいで鬼ごっこでもやってることだろう。

 

私は大人なので、鬼ごっこなんてしない。大人らしくはしゃぐだけだ。

 

お祭りの雰囲気の中でも食事が楽しめるようにテーブルが置いてある。

 

こういうところで食べたらどんなに美味しいことだろうか。そんなことを思いながら夕食を楽しみにするのだった。

いろり山賊全体は楽しいが料理は美味しくない

私は肉料理が好きな男だ。

 

私はステーキが好きな男だ。

 

私は夕食をとても楽しみにしていた。

 

とてもとても楽しみにしていたのだった。

 

私がとても楽しみにしていたステーキは鉄板に乗ってやってきた。

 

ステーキが冷めないように供えの石で肉をもう一回焼いて食べるというものだ。

 

ステーキと言えば鉄板焼きが多いこの頃としてはステーキプレートで食べるステーキは珍しい。

 

しかも備え付けの石で肉を温めて食べるなんて、子供の頃にみたミスター味っ子以来だ。

 

私の期待は膨らんだ。

 

そして、ステーキを一切れ口に運ぶ。

 

なっ・・・なんだこれは!?

 

まっ、まずい!まずいぞー!!!

 

味皇ならばきっとこう言っていただろう。

 

本当にまずい・・・このステーキが7000円だと!?

 

ふざけているのか?・・・

 

こんな味だとガストにでも行けば2000円もだせば食べられるんじゃないか!?

 

ひょっとしたら、ガストの方が美味いんじゃないか??

 

海原先生はいうだろう、「食えたもんじゃない。」

 

まじで勘弁してくれ・・・私の期待を返してくれ!!

 

そこで、閃いた。これは場所代だ。

 

このお祭りの維持費が高いのだ。

 

2000円もだせば食べられそうな味のステーキが7000円なんて馬鹿げている。

 

私はお祭りに対してお金を払っているのだ。

 

これでいろり山賊そのものがつまらない場所だったら滅べばいいとさえ思う。

 

私はそう自分に言い聞かせたのだった。

 

美味しくないステーキを平らげ、私は支払いに向かった。

 

美味しくないものにお金を払うというのはストレスだ。。。

 

そして、そして、クレジットカードは使えなかった

 

もちあわせがないわけじゃない。

 

田舎ならばクレジットカードが使えないこともあるだろう。

 

でも、ステーキが不満な上に現金オンリーというのはなんとも不満しか残らない。

 

私はなんとも言えない気持ちで福沢諭吉先生に手をかけたのだった。

いろり山賊のまとめ

いろり山賊は食べに来るところじゃない。子どもたちを遊ばせに来るところだ。または、大人が童心に帰るところだ。

 

お祭り雰囲気の中でとても美味しそうに見えるメニューは幻術だ。食べさえしなければいろり山賊に来るだけなら無料だ。

 

いろり山賊に遊びに来るだけの人よ、私のような維持費を払う人がいるから維持できるのだということをどこかで思い出してほしい。



スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

リンク




スポンサードリンク




ブログランキングに参加しています

このページの先頭へ