コピーライティングを独学で習得するための勉強方法とはなにか?

コピーライティングは
前回記事で必要ですよ
ということを記載しました。

 

では、コピーライティングは
どうやって身につけるのか?

 

コピーライティングの勉強方法とは?

コピーライティングの
通信講座に申し込んで、
プロの講師から学ぶ
というのが一番でしょう。

例えば、こういうところ。
実践コピーライター通信講座

 

学校なので、授業料は
ちゃんとかかりますよ?

コピーライティングを独学で習得

 

コピーライティングの
養成講座に申し込むにも
受講料が高すぎる!

 

という場合には
無料体験口座を申し込んで、
どういうものかを体験する
というのも良いでしょう。
無料体験講座リンク先

 

コピーライティングを独学で習得するための勉強方法は?

コピーライティングを身につけるのに
学校や通信講座に行くのは
予算的にも時間的にも・・・

コピーライティングを独学で習得
という場合は書籍や、教材で
勉強するしかない。

コピーライティングを独学で習得

 

何度も繰り返し読んだほうが良い
と言われている本で、
アフィリエイトするにあたっては
必ず一度は読むべきと言われます。
その本に関する過去記事はこちら

 

ただし、上記の本は
セールスレターに
特化しているので、

売込みをかけるぞ!

というコピーライティング向き。

 

読者からの信頼や共感を
得ることを目的にするならやはり、
Copyrighting Affiliate Programを
読んだほうが良い。

 

チェックシートがついているので、
コピーライティングの
原則に則しているかを
確認できる。

 

上記リンク先の本から、
読者から共感や、

信頼を得られる
記事の書き方を
導き出せるなら、

それでもいい。

 

後はひたすら記事を書く。
そして、本の内容に
即しているかを確認する。

 

そして、一番良いのは
誰かに読んでもらって
感想をもらう。

「レビューする」
というのは一番身になります♫

 

記事を読んで、
感想をくれる人がいない・・・

(T_T)

という場合は、
KSKのメルマガに
登録していただければ、
ちゃんと読みますよ♫

記事の感想をくださいと
言っていただければ。

 

とにかく、実践!

 

実践せずに、
コピーライティングを
身につけることはできない。

 

知識のインプットと
アウトプットを繰り返すことで
少しずつ、身につけていくのです。

 

実行すること、行動すること

 

これが何よりも大切。

 

コピーライティングの
勉強としておすすめの本を
紹介しましたが、
その本を読んだからといって、
すぐに身につけられるわけでは
ありません。

 

できるようになるまで、
繰り返し練習するというのは
学校に行って勉強するにしても
独学で勉強するにしても
同じこと。

 

練習しなければ、
どんな良質の本や教材を
購入しても、
コピーライティングを
身につけられるときは
永遠にやってくることはない。

 

コピーライティングを身につけたかをどう判断する?

コピーライティングを
身につけることができたかどうかを
判断するものとして、

「アクセス数が上がった」とか。

「メルマガ申請があった」とか。

「商材が売れた」とか。

身近なところだったら
こういうことが判断基準
になってくるのかなぁと。

 

ほかにも資格試験を受けてみる
ということも、
客観的にコピーライティングを
どのくらい身につけたかを
判断する基準になる。

 

Webライター技能士検定

日本クラウド検定協会が
発行する民間資格の試験制度で
Webライティング技能検定試験
と言うものがあります。

 

合格者特典の部分を
見てみてください。
月3万円以上の仕事を
保証するなどの特典があります。

Webライティング技能検定試験の詳細

 

実用ライティング検定

情報をわかりやすく書き、
伝えるために必要な
基本的知識を確認する検定。
「リビング新聞」など
フリーペーパーを発行する
サンケイリビング新聞社が主催。
実用ライティング検定は3級、2級があり、
最初は3級への挑戦がおすすめ。
2級はプロライター向けとされています。

実用ライティング検定の詳細

KSKのAffiliate-Navi
お名前*
メールアドレス*

コメントを残す

このページの先頭へ