以下のURLは、Chrome のこの新しい警告が発生する原因となる、パスワードやクレジットカード情報の入力欄を含んでいます。というSearch Consoleからのメッセージの対処法

Search Consoleから
下記メッセージが届いたこと
ありますか??

2017 年 1 月より、Chrome(バージョン 56 以降)では、
パスワードやクレジット カード番号を収集するページで、
HTTPS で配信されないものについては、
「安全でない」と明示することになりました。
以下の URL は、Chrome のこの新しい警告が
発生する原因となる、パスワードや
クレジットカード情報の入力欄を含んでいます。
こちらの例を参照し、警告が発生する箇所を確認して、
ユーザーのデータの保護にお役立てください。
なお、このリストはすべてを網羅したものではありません。

こういうメッセージが
届く場合は、
ページにパスワードを
設定している場合、

カテゴリにパスワードを
設定している場合など、

とにかくパスワード入力ボックスが
ある場合に表示される。

 

 

なら、対応法は2つ。

  • パスワード入力をやめる。
  • HTTPS配信を行う。

以下の URL は、Chrome の・・・というメッセージが届いた場合の簡単な対処法

簡単なのは1番目の方法。

  • パスワード入力をやめる。

しかし、

特定の人限定の記事や
カテゴリと言うのは
戦略上、必要になってくることもある。

 

そういう場合は、

何もしないという選択肢も。

 

何もしないからと言って、
特にペナルティがあるわけじゃない。

 

なので、何もしないというのも
一つの手段になる。

以下の URL は、Chrome の・・・というメッセージが届いた場合のちょっとレベルが高い対処法

HTTPS通信に変更すること。

HTTPS通信というのは、
暗号化通信のこと。

通信が暗号化されているから、
盗聴されてもわからないようにしているよ!

ということ。

HTTPS通信を行うことで、
よりセキュリティレベルを上げることができる。

 

じゃぁ、HTTPS通信はどうやってやるの?

HTTPS通信がわからないネコ

という話になってくるが、
HTTPS通信を行うためには、
SSL/TSL証明書というのを
取得しないといけないわけですけど、
けっこうお金がかかるんですよね。

詳しくはシマンテック社やGMOの
サイトに金額やSSL/TSL証明書の
取得方法が書いてあるので、
参考にすると良いですね。

【シマンテック社】
シマンテック社公式サイトはこちら

※SSLに関して資料が無料ダウンロードできる♪

【GMO】
GMO公式サイトはこちら

以下の URL は、Chrome の・・・というメッセージが届いた場合の対処法まとめ

HTTPS配信を行うにも
結構お金がかかるでしょ??

クレジットカード番号や
暗証番号入力を必要としない
サイトならば、
特に何か特別な対処は
しなくても良いという考えです。

 

ホントに重要な情報を
入力する必要があるサイトなら、
暗号化配信は必須になりますけどね♪

 

個人が作成している
サイトやブログ程度なら
高額なお金をかけてまで
暗号化通信は必要ないですね♪

KSKのAffiliate-Navi
お名前*
メールアドレス*

コメントを残す

このページの先頭へ